カナダは車社会の国です

例えば日本の会社では

それから他にも
ここで初めて、カナダ産ワインの存在を知り、大自然の中のワイナリーの絶景に改めて感動させられた。驚いたのは、20人乗りのバスをチャーターし、バンクーバーから片道4時間のオカナガンまで往復する。ある意味非常にリスキーだ。バス会社を厳選し、保険にも入り、スタッフも全員参加し万全の態勢で臨む。他のエージェントでは決して行わないだろうこのようなツアーを、なぜ、そこまでするのか?、、代表のミサさんに私の疑問をぶつけてみた。答えは一言、、みんなが喜ぶから。ん!これを聞いてふと思い出した。以前、ちびかなだを始めた理由について聞いたことがある。

全然違うので日本人が話す英語と現地の英語は発音·アクセンしかし1ヶ月ほど経てば完全に慣れました。ゼロでしたそしてカナダに住んでいた約2年間、日常生活で困るということは結局ほぼ深い話をしたり女性をナンパしたりするならともかく、ます買い物や近所の人との会話程度なら中学レベルの英語で十分通じまた、学校の先生が話す英語は最初からほぼ100%理解できました。僕は事前の英語コースを受けなかったので授業についていけるか不安でしたが、先生たちの発音はとてもクリアで聴き取りやすく、ゆっくり気味で話してくれるのでスイスイ頭に意味が入ってきました。おそらく留学生を受け入れている学校なら、どこの先生も、聴き取りやすい英語を話す、学校に行っていた友達も、先生の英語は聴き取りやすい!、とみんな言っていました。という配慮はしています。他の4文化の違い国が違えば文化が違います。

日本ではありえない公共交通手段の事実ガイドブックを見れば分かりますが

普段私たち日本人が何気なくやっている常識がカナダでは非常識になります。ず外国で暮らす前は、文化の違いから戸惑うことが多いのでは?と不安に思う人は多いでしょう。カナダに限らしかし、僕自身、困る、と感じたことは2年間で一度もなかったです。多少のカルチャーショックはありましたが、日本との違いは、面白い、と感じました。違いを感じてもカナダでは自分の価値観·習慣までを変える必要は全くありません。

カナダに大勢います


ここで働いていたい!結婚を再構築する何かを得るために行動を起こす学校の選択、いや、学校に行くか否かから、ホームステイの手配、様々なアクティビティへの参加スケジュールまで、バンクーバーでの滞在全体をコーディネートしてくれたことに感謝する。滞在した3か月間に計画されていたアクティビティのいくつかを紹介する。SUNRUN「10kmマラソン」への参加、指圧教室、親睦会、カナダデー前夜祭、ワイナリーバスツアーなど。とともに楽しみ完走「完歩」することができた。最後のアクティビティとなったのは7月のオカナガンバスツアーだ。

新しい街に慣れて

ここで初めて、カナダ産ワインの存在を知り、大自然の中のワイナリーの絶景に改めて感動させられた。驚いたのは、20人乗りのバスをチャーターし、バンクーバーから片道4時間のオカナガンまで往復する。ある意味非常にリスキーだ。バス会社を厳選し、保険にも入り、スタッフも全員参加し万全の態勢で臨む。他のエージェントでは決して行わないだろうこのようなツアーを、なぜ、そこまでするのか?、、代表のミサさんに私の疑問をぶつけてみた。答えは一言、、みんなが喜ぶから。ん!これを聞いてふと思い出した。以前、ちびかなだを始めた理由について聞いたことがある。

少しずつだが


店員の中国人女性が
ノッチがチェーンを入手するのと同じくらい、私も早急にフロントフォークのオイルを何とかしなければならない結局私たちは往復1500キロのデンプスターを走破するために6日の日数を費やしていたもともと今回のデンプスターハイウェイへの挑戦は、このあと私たちが予定しているアラスカ最北端への旅の予行練習でもあったので、この結果を踏まえればアラスカの北端までも、大体これくらいの日数がかかると予想できる。私のファラオが整備不良だった点や、ノッチのDRのチェーンが弱っていたのは必ずしもかの道のせいとは言えないため、今回グラバルによる実質的な被害はないと言える。しかし私はこの時既に、さらにもう一度往復1500キロのグラバルを走ってアラスカの北端に向かうことにかの戸惑いを感じるようになっていた。確かにグラバルの走行はそれなりに慣れたが、それでも体力的、精神的にかなり疲弊したのは間違いなく、たような環境にもう一度行くことの意味に疑問を感じ始めていたのである。そもそも似アラスカの北端までは、デンプスターハイウェイと似たようなダルトンハイウェイという道を走ることになる全てがグラバルである点や、片道およそ750キロという距離まで酷似しているし、到達できる緯度に関してもイヌビクとほとんど変わらない。

カナダが特別好きなわけでもないし

違う点と言えば、ダルトンハイウェイがカナダではなくアラスカにあるということだけだそして何よりもそこまで環境が違わないということは、つまり例の大量の蚊も全く同様に襲来してくるのを意味している私はこの時点で既に重度の蚊ノイローゼに陥っていて、とにかく一刻も早く蚊のいない地域に行きたかった。デンブスターから戻って蚊の状況も少しはマシになっていたものの、テントの中以外でヘルメットを取れない状況にさほど違いはなく、それらが私の思考を全てマイナスな方向へと導いていたのであるドーソンシティ付近の野営地を出発した私たちは今度は進路を酉にとり、その日のうちにアラスカとの国境に到達した。辺りは完全に針葉樹林の森で覆われていて、現れたゲートもかつてユーラシア大陸で経験したような大仰なものではなく、高速道路のゲートのような簡素なものだった。実はこの時、私はアメリカ領となるアラスカに進入するにあたり、ある不安を抱えていた今回カナダからアラスカに越境するために、私たちはアメリカのビザを取得していなかったドイツ人たちはさておき日本人である私のアメリカ入国に関しては、ビザの必要性に関してある微妙な情報を入手していたそれは航空機でこの大陸にやってきた日本人がアメリカに入国する際、不要--というものだった。帰りのチケットを持っている場合に限りビザが旅の期間を1年に設定している私が、帰りの航空チケットなど言うまでもなく持っているはずがない。